セミリタイアができる人たちとは

スポンサーリンク

にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ
にほんブログ村

セミリタイアができる人たちとは

過去の記事にて、セミリタイア後の仕事について書きました。

セミリタイア後の仕事
セミリタイア後に、やってみたいと思っている仕事について書いています。今よりも様々な仕事をやってみたいとは思っています。
セミリタイア後の想定している収入
セミリタイア後の想定している収入について書いてます。今は、まだまだ妄想レベルかもしれませんが。

ところで、セミリタイアができる人たちとはどのような人たちなのでしょうか。今回はその点について、書いていこうと思います。




高年収者(年収700万以上)は確かに片道切符になる

他のブログの方にもいますが、金融のように年収1000万近いお金をもらっていた人は確かに片道切符になるかと思います。セミリタイアではなくても転職をすることによってほぼ確実に年収が下がる人たちともいえます。前回記事として書きましたが、メンバーシップ型の職業の人たちはほぼ確実に片道切符といえるでしょう。

メンバーシップ型の仕事よりジョブ型の仕事の方がこれからはおすすめ
にほんブログ村 私は、下記のように今年中に仕事を辞めることを決めております。 それができる理由の中に、仕事がメンバーシップ型の仕事ではなくジョブ型の仕事だったことも上げられます。今やトヨタでも終身雇用は厳しいという時...

従って、このような人たちはどれだけ貯蓄をするかが勝負になりそうです。前回セミリタイアをする目標金額も書きましたが、このような人たちはセミリタイアへの目標金額も上がらざるえません。

セミリタイアの目標金額1
セミリタイアの目標金額について書いてみました。ここでは、3000万以下の場合で取り上げてみましたが、十分セミリタイアできるでしょう。ただし、さすがに1000万円未満はきつくなりそうです。
セミリタイアの目標金額2
世の中的にはこのぐらいのレベルはセミリタイアするためには必要だと思われている金額でしょう。

この二つの記事で考えれば5000万円以上の貯蓄が必要になりそうです。このレベルの人は1億以上貯めてアーリーリタイアという考え方もありそうです。

このレベルの人たちは、セミリタイアよりアーリーリタイアを目指す人たちかもしれません。

年収500万~年収700万円程度の人

このへんのレベルが現在の日本のレベルで標準的な人といえるのだと思います。私は、30代前半で年収700万円程度になりましたが、現在はこのレベルまで落ちてきております。この年収レベルでもセミリタイアをしてしまえば、なかなか戻ってくることが厳しいでしょう。従って、このレベルでもほぼ確実に片道切符といえそうです。しかしながら、このレベルの人だと生活レベルが高くない人が多そうですので、意外とこのあたりの人がもっともセミリタイアを目標にしている人も多いのではないでしょうか。そして、これぐらい稼いでいる人であれば頭脳もそれなりの人がいそうですのでセミリタイアをしても稼いでいける人が多くいそうです。

このレベルがセミリタイアの標準の人だと思います。貯蓄を貯めることも十分にできる人たちでもありますし、仕事を辞めてもそれなりに稼いでいけそうな人たちだと思います。

年収300万~年収500万円レベルの人

今だと、年収300万~年収500万円レベルの人も増えてきていると聞きます。もちろん、若い時でこの年収であればいいのですが、40近くになっても年収400万円前後だと頑張って正社員の仕事をする必要性は低いと思います。そして、このレベルの年収であればセミリタイアへの道も片道切符ではないと思われます。特にメンバーシップ型の仕事ではなくジョブ型の仕事であればいつでもこのレベルの仕事であれば戻ってくることは可能だと思います。もしこのレベルで貯蓄3000万円とか持っているのであれば、即時セミリタイアするべきでしょう。ただし、年収400万円程度で3000万円を貯めることはなかなか難しいのかもしれません。しかしながら、このレベルでも3000万円を貯蓄できた人であればセミリタイアへの道は確実にいけそうです。

このレベルで貯蓄を貯めることができる人は、投資能力が高い人か節約能力が異常に高い人でしょう。

年収300万未満の人

このレベルだと、貯蓄を貯めるのが厳しくなるのでしょうか。このレベルだと、貯蓄が3000万もあれば即セミリタイアをするべきでしょう。というより、正社員でこのレベルの人だと正社員である意味もないです。即辞めるべきでしょう。ただし、貯蓄を貯めるのが難しい人たちともいえそうです。

親からの遺産でなければ、3000万円とかの貯蓄は厳しそうです。でも、このレベルの人であればセミリタイアをするべきです。頑張って仕事をするレベルでもありません。

まとめ

当然ですが、年収が高い人のセミリタイアへの道は片道切符になります。質素な生活をしていれば、貯蓄も大きくすることができることになります。この人たちは5000万円以上を貯めてセミリタイアをする人たちになりそうです。しかしながら、片道切符ですので失敗するとなかなか厳しい道が待っていそうです。

しかしながら、年収が低い人で貯蓄を大きく貯めることができた人というのは、外で稼ぐ能力がある人ですし、さらに節約能力も異常に高い人といえそうです。このような人たちであればセミリタイアすることもできそうですし、片道切符でもないと思います。セミリタイアが確実にできる人たちというのはこういう人たちなのでしょう。

私たちは、多分年収が高いほうの人に入るのかなとは思います。外で稼ぐ能力も高くないですし、節約能力も異常に高いわけではありません。ある程度頑張って仕事を探していく必要があるかなとは思っています。ただし、雇われるような仕事をすぐに探そうとは思っていませんが。

人気ブログランキングへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました