周りの人に対して自分が持っている資産をどれぐらい伝えるか

スポンサーリンク

にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ
にほんブログ村

周りの人に対して自分が持っている資産をどれぐらい伝えるか

もちろん、これはリアルな知り合いに対してになります。

今までの資産推移について
にほんブログ村 二つ前の記事にて現在の資産状況について一部記述しました。 セミリタイアする人は、基本的に節約している人が多くいます。私は、現在はそれなりに節約しているかな~とは思いますが、過去は状況によってかなり違う...

私の資産推移は上記のようですが、時期によって違っていたなと思います。そこで、年齢別(仕事別)に書いていこうと思います。




お金を持っていない雰囲気は出していない

まずは、私はお金を持っていない雰囲気は出しておりません。お金を持っている雰囲気を出しているというより、ぶっちゃっけ1年や2年仕事しなくても問題ない程度のことは言ったことはあります。例えばボーナスを当てにしたことはないとか。この言葉で周りの人が、私がどれぐらい資産を持っているかを思うかは人それぞれでしょうが、私が他よりはお金持っているんじゃない?ぐらいは思ってそうです。ゴールデンウィークにシンガポール行ったりしているので、そこまで隠してもしょうがないかなと思うところもあります。後何よりも今の会社の人間には私がタワーマンションに住んでいることも知っているので貧乏人のフリをしてもしょうがないところもあります。

実際のところ、タワーマンションは値上がりしているので、住宅ローンでフルに組めれば誰でも住めるんですけどね。私のマンションは5000万円でしたので、年収500万あれば住めたと思います。まあ、でも世の中の認識はそうではないので。

最初の会社の時代

最初の会社の時代は、20代にすべてはまりますが、その当時は投資関係で仲のいい友達がいたので、よく話していました。最終的には1000万円近くまで貯めましたが、当初は500万円とかでしたのでまだまだ可愛い金額だったのも公表しやすい理由でもありました。投資をするにも、この当時みたいに皆と話せれば面白い気もします。

その当時仲がよかった友達も30になる前に1000万貯めたいと言ってましたね。確か達成できたのだと思います。

次の会社の時代

次の会社ですが、まず私はあまり同じ世代の人とはそこまで話す機会はありませんでした。結構年上だったり年下だったり幅が広い時代でした。従って、あまりお金の話をした記憶はありませんでした。ただ、この会社の最後あたりに10個ぐらい上の人が投資をしている話があったときに投資の話をしました。この当時はもう2000万円とか持っていた時代でしたので、金額を正確には伝えていない気がしますが、それなりのことを話していたと思います。

その人は、どちらも住宅ローンの金利で二つマンションを持って一つを貸してましたね。今だとまずいのかな。。フラット35を使ってたかどうかは分かりませんが。

前職の時代

前職の時代は、お金の話は誰ともしていませんでした。ただ、その当時同僚だった妻とある程度の話をしたことはある気がします。まあ、この時もそこまで細かい話はしていないのではないかと思います。段々と金額が増えてしまったので、言いにくい状況になりつつあったのも事実でしょう。

どちらにしても、私が貧乏だと思う人はいなかったと思います。貧乏なフリはしていなかったんでしょう。

そして、現在の会社

そして、現在の会社ですが、少し前までそれなりに私がお金を持っていることは知っていたと思います。ところが、つい最近少しあっさり言ってしまったことがあって、住宅ローンは今は組んでいない的な話をしてしまいました。あのタワーマンション住宅ローンなしで持っているの?的な話になってしまって意外と持っていることはバレたかな~とは思います。でも、あまり理解していない気もします。

タワーマンションの値段とか理解できていない気もします。

そこまで公表はしない程度

このように、そこまで完全には公表はしていないけど、それなりに言っているというのが私のスタンスです。特に今の会社では、もう辞めるのであまり気にしていないというのも実情です。金持っていることを周りに言うと変なやつが側に来るんじゃないかと思う人もいるかもしれませんが、私はお金の使い方にはシビアなのでまったく気にしていません。逆にある程度の情報が欲しいぐらいです。別にその情報がいらなければ捨てるだけですので。

お金持っていると変なやつが近づいてくる心配をする人がよくいます。私は、情報はなんでも欲しいタイプなのでそのへんを気にしたことはありません。金持ちにはこんなサービスをするのかなとかどんどん私に情報提供をして欲しいところです。私が必要なければ、情報を捨てるだけですので。

人気ブログランキングへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました